元彼との冷却期間の過ごし方|嫉妬や焦りは禁物

冷却期間中に元の彼氏が新しい恋人とつきあい始めたことを耳にして、インパクトを受けない女の人はいるのでしょうか。

女の人ならどなたでも、小さくない衝撃を受けるにちがいないです。

どのようにしたら、元カレと復縁可能なのでしょうか?

 

こちらでは、【冷却期間中】元カレが新しい彼女と付き合った場合の4つの対策法を解説します。

 

今はさしあたって「待つ女」を徹底

 

冷却期間内に元カレが他の女性とつきあい始めるのは、そう珍しくはありません。

なんてったって、男の人は、即座に別の女性を切望する浮気性なハンターだからなのです。

 

始めのころはこのような理解を持って、冷静になって焦りがない対策をすることを意識しましょう。

 

その時点での、いちばん良い解決法は待つ女の人に徹するというプロセスです。

復縁することを希望している彼氏に新しい女ができたことを気付いたら、どんな人でも心穏やかではいることができません。

 

どうにも情緒不安定になり、「理不尽な」「その女性には劣っていたくない」「直ぐにでも元カレを取り返したい」と思うことになるでしょう。

 

でも、そんな感じに焦って動きを起こしても、まずうまくはいきません。

 

差し当たり現在のところ、元カレの気持ちは新しい彼女に向いているというわけですから、それを無理に一変させることは不可能でしょう。

今はしばらく、ジッと待つ女の人になっていることが、復縁したい女の人の上手な解決案なのです。

 

優れたところはこちらにあることを把握する

 

あなたは、元カレに新しい彼女ができた事を把握しています。

だけど、あっちの恋人は、今つきあいを始めた彼氏に、あなたのような立場があることを認知していません。

あなた自身が今、そこでそうして元カレとの付き合いを再開を望んでいることを、元カレの新しい彼女が知るわけないのです。

 

わかりやすく言うと、今の現実を正確に把握しているのは、彼氏の新しい彼女ではなくあなた自身だということ。

あなたこそ、情況をすべて適正に把握できている人というわけになるでしょう。

 

情況を正しく把握できていれば、あなたに有利になる振る舞いをしやすくなってくるのです。

 

あなた自身には元カレの新しい彼女に比べて、はっきりしているアドバンテージがあり、それをリーディングすることによって、復縁のパーセンテージが上昇すると認識してOKです。

 

元カレは心変わりする男だと学ぶ

 

冷却期間中に、その他の女の人とつきあうようになった彼氏の人格と、恋愛傾向を斜に構えて考慮しましょう。

 

まちがいなく言い切れるのは、彼氏が心変わりすることが多い男だということです。

あなた自身と冷却期間を置いている時期に、かんたんに別の女の人を好きになってしまうのですから、元カレの異性依存度は薄くないと言えそうです。

元カレが「常に恋愛していたい」として扱う男性である見込みは小さくありません。

 

と言うことは、今付き合いを開始した新しい彼女に飽き飽きして、また全く違う恋愛を求めることも、じゅうぶんに起こり得るのです。

今の彼女に飽きた元カレが、もう1回あなたのもとに手元に来る予想がありえるということを、認識しておくべきです。

 

「復縁割り合い、大いにあり」と捉えていいわけです。

 

制限期間を決めてシングルを貫く

 

冷却期間中に元カレが新しい彼女をお作りしたと耳にすれば、心平和ではいられないでしょう。

 

「だとしたら、私も」という気になって、新しい彼氏探しをスタートさせる人もいることでしょう。

 

その振る舞いの結果、新しい彼氏が見つかれば、それはそれとしてけっこうな話しです。

しかし、そのような時、元カレとの復縁はほぼ全部不可能になってしまうのです。

もし、「どうがんばっても元カレとよりを戻したい」と感じるなら、このようにして気楽な気持ちで、新しい恋人づくりをするべきではないです。

 

元カレが新しい彼女を作ってきたというニュースが入っても、こちらはシングルを貫くことが大切です。

 

そうは言っても、「10年もシングルを貫き通している」というよう結果になっては困ってしまうでしょう。

ですので、例えば「1年間、元カレとのお付き合いを再スタートのためにシングルを貫く」というふうに、シーズン限定にしてみるのもいいと思いませんか。

 

それならば、未来永劫シングルになることも回避することができますし、マインドセットもしやすくなります。

 

その期間中に元カレと付き合いを復活できる施策を試行錯誤しましょう。